アスペルガー症候群

スポンサーリンク

アスペルガー症候群について

アスペルガー症候群は自閉症に似た障害ですが、乳幼児の時期は言葉の遅れは目立ちません。

しかし、アスペルガー症候群も生まれつき脳に障害があり、コミュニケーション能力に支障が起こります。

自閉症との違いは何?

自閉症を発症している多くの子供は、知的障害を伴っていますが、アスベルガー症候群は、知的障害も言葉の発達遅れもありません。

これが原因で、小さい児童の頃は、ほとんど気付かれず問題にされない事が多いようです。

アスペルガー症候群の特徴

小さい子供の頃は障害が現れない為、気付かれずにいることが多いようです。

しかし、だんだんと成長するにつれて、相手のことばのニュアンスや表情をうまく読み取れないため、友人や周りの人とのコミュニケーションに支障が発生し、本人は大変困ることになります。

アスペルガー症候群を自分の子どもが発症したら?

家庭や学校などが中心になってしっかりと適切に援助していけば、普通に社会生活ができるようになることが多いです。

アスペルガー症候群より症状の重い自閉症の子供でも、成人してから50%以上が、一般企業又は福祉作業所などで仕事に就いています。


スポンサーリンク

アスペルガー症候群関連ページ

ADHD(注意欠陥 多動性障害)
ADHD(注意欠陥 多動性障害)の2つのタイプと3つの特徴、発症率とその対処法について解説しています。
LD(学習障害)
LD(学習障害)の特徴や対処法、疑問Q&Aについて解説しています。
自閉症
自閉症の特徴や発症率、原因と対処法などについて解説しています。

ページトップへ戻る