神経症

神経症と言われる病気の種類や、その症状、発症メカニズム、癒し方や治療法などについて詳細情報を提供しています。

神経症記事一覧

パニック障害と恐怖症

パニック障害とは、ある日突然心臓がドキドキして動悸や息苦しさなどの発作におそわれますが体には異常がありません。パニック障害の特徴的な症状としては、心悸亢進といって心臓がドキドキしてたかぶったり、呼吸困難で胸がしめつけられて大変息苦しくなったり、手足の震えやしびれ、めまいなどが突然やってきます。また予...

≫続きを読む

転換性障害(ヒステリー)

転換性障害(ヒステリー)は、別名で身体表現性障害とも呼ばれることもあります。 転換性障害の症状は、失立・失歩・失声などが大きな特徴です。体は正常でどこも悪くないのに、本当に立てなくなったり、歩けなくなったり、のどが詰まって声が出せなくなったりします。ひどいときはけいれんや頭痛を起こしたりもします。な...

≫続きを読む

不安神経症

不安神経症は別名ノイローゼともいいます。またノイローゼという言葉は、ドイツ語のNeurose(ノイローゼ)という言葉からそう呼ばれています。不安神経症(ノイローゼ)の症状で精神的なものとしては、ちょっとした些細なことが気になって仕方がない、なにをしていても落ち着かずイライラする、物事を集中してできな...

≫続きを読む


ページトップへ戻る