子どもの心の問題と病

自分の子供に多動や注意欠陥があったり、いじめに遭い不登校になったりしたら、親は心配でたまりません。

子供の心の問題は、必要以上に心配になるものです。
このページでは、それらの知識や対処法について解説しています。

子どもの心の問題と病記事一覧

ADHD(注意欠陥 多動性障害)

ADHDの子供のタイプは、注意力の無さが目立つタイプと多動や衝動性が目立つタイプがあります。今でこそADHDは一般的に認知されていますが、10年以上前はMBD(微細脳機能障害)または多動症候群と言われていました。アメリカでDSMという診断基準が用いられるようになりADHDは知られるようになりました。...

≫続きを読む

LD(学習障害)

LD(学習障害)とは、脳の学習機能障害が原因で、読む、書く、話す、計算する、推理するなどが苦手で、その中からいくつかが学習障害として現れますので周囲の大人のサポートが必要です。またADHDは、LD(学習障害)を伴うことが多い障害です。LD(学習障害)の疑問 Q&AQ.読むことに障害をもっているが、計...

≫続きを読む

自閉症

自閉症は、幼児期から言葉の発達が遅れ、コミュニケーション能力に障害が見られるという特徴があります。「内気な性格」を「自閉症」などと言う人もいますが、それは違います。自閉症の子どもは、身ぶりによるコミュニケーションがうまくできず会話も成り立ちません。人との接し方がわからないので、親にあやされても笑わな...

≫続きを読む

アスペルガー症候群

アスペルガー症候群は自閉症に似た障害ですが、乳幼児の時期は言葉の遅れは目立ちません。しかし、アスペルガー症候群も生まれつき脳に障害があり、コミュニケーション能力に支障が起こります。自閉症との違いは何?自閉症を発症している多くの子供は、知的障害を伴っていますが、アスベルガー症候群は、知的障害も言葉の発...

≫続きを読む


ページトップへ戻る