ダイエットと摂食障害

スポンサーリンク

 年齢に関係なく女性なら誰でも関心のあるのがダイエットですが、のめり込み過ぎると食事の量が極端に減って危険な状態になる拒食症などに、知らないうちに陥る可能性があります。

若い年頃の女性の中には、ダイエットをしすぎて、カリガリに痩せてしまう人もいます。

周囲の人が心配して食べるように言っても、本人は全く聞きいれません。

 例えば、身長165センチでは、標準体重は55キロ前後ですから、40キロもないような状態では、標準体重を30パーセント以上も下回っていることになります。

 お昼の食事は自分で作ったお弁当という人もいますが、お弁当箱を見ると幼稚園児のように小さく量も極端に少ないという人もいます。

またお弁当の中身も野菜と海藻だけなどしかなく、魚類や肉類など蛋白質の栄養源が全く無い場合もあります。

ダイエットを始めた頃は甘いものと油ものをひかえて、主食を減らして、お弁当もご飯少なめ程度ですが、ご飯やパンは太るということで、半年以上全く□にしない人もいます。

これはかなり極端な食生活で、半年間で55キロの女性が45キロまで体重を落とすのに成功する場合もあります。

 実際165センチも身長があって、体重45キロというと十分スリムなのに、もっと減らそうとダイエットを続けているわけです。

おそらく、このような人の心の中では、『やせている=美しい』という固定観念になってしまっているようです。

 またこのようなダイエットをしている女性は、『今ダイエットをやめると、また体重が元に戻っちゃう』などとよく言ったりします。

そのうち、もう十分痩せて、カリガリになっているのに、『まだ太ってる。もっとダイエットしなきゃ』に言うことが変わってしまいます。

その結果、気が付けば肌もガサガサに荒れていますし、ひざやひじの骨もボコッと出ているような状態になっているわけです。

ダイエットもここまで来ると、摂食障害の疑いが濃厚です。

 増えすぎた体重を減らすことは、健康のためになりますが、ダイエットのしすぎには、摂食障害という落とし穴もあリ得るのです。

いつも頭の中が体重と食事のことだけでいっぱいになって、ダイエットが生活の中心になっているようだったら、摂食障害を疑うべきです。

以上のことから極端なダイエットには十分注意する必要があります。


スポンサーリンク

ダイエットと摂食障害関連ページ

摂食障害(拒食症と過食症)の原因と症状
摂食障害である拒食症と過食症とは何か?摂食障害の原因と症状について解説しています。
摂食障害の原因と治療法
摂食障害(拒食症と過食症)の原因と治療法について解説しています。
摂食障害から回復するには
摂食障害から回復する為の取り組み方や治療について紹介しています。

ページトップへ戻る