不安神経症

スポンサーリンク

不安神経症は別名ノイローゼともいいます。またノイローゼという言葉は、ドイツ語のNeurose(ノイローゼ)という言葉からそう呼ばれています。

不安神経症(ノイローゼ)の症状で精神的なものとしては、ちょっとした些細なことが気になって仕方がない、なにをしていても落ち着かずイライラする、物事を集中してできないなどが現れます。

肉体的には、すぐに疲れやすく、夜寝つきもよくなくて、ぐっすりと熟睡ができないなどの症状が現れます。

もっとひどくなると肩こりや頭痛がしたり、時にはめまいがしたりすることもあります。

不安神経症の人は不安な精神状態が、心と身体に様々な症状として現れてきます。

毎日つらい状態が長期間続きますので、本人にとっては苦痛以外のなにものでもありません。
またこの症状はなかなか改善されません。

不安神経症 不安神経症の原因として考えられるのは、やはりストレスがほとんどだといわれています。

症状の重い不安神経症(ノイローゼ)の治療法としては、薬物治療が効果的です。

抗不安薬があり不安な気持ちをやわらげ、凝り固まった筋肉をほぐす効果も持っているので、ひどい肩こりやなどもやわらげてくれます。

この薬は治療効果が高い薬です。
軽い症状の不安神経症(ノイローゼ)の場合は、精神科や心療内科などでカウンセラーからカウンセリングを受けることで不安が解消し、治癒することもあります。

ただし、この病気の症状は個人差がありますので、場合によっては、抗うつ薬や睡眠薬を使用することもあります。

実際の治療では、人によって症状が異なってくるので、医師がそれぞれの症状を把握した上で治療を行います。


スポンサーリンク

不安神経症関連ページ

パニック障害と恐怖症
パニック障害と恐怖症の症状、発症メカニズム、癒し方や治療法などの情報を提供しています。
転換性障害(ヒステリー)
転換性障害(ヒステリー)の症状、発症メカニズム、癒し方や治療法などの情報を提供しています。

ページトップへ戻る