依存症

依存症の症状別に、発症メカニズム、癒し方や治療法などについて詳細情報を提供しています。

依存症記事一覧

アルコール依存症 症状と診断法

アルコール依存症は、体、心、家族、仕事、社会など全てを崩壊してしまう深刻な病気で、アルコール依存者の平均寿命は、短命で50歳から60歳くらいといわれています。アルコール依存症の現状厚生労働省推定では2013年時点のアルコール依存症患者の数は109万人となっており、はじめて100万人を突破しましたが、...

≫続きを読む

アルコール依存症になる原因と家族に与える影響

アルコール依存症の原因アルコール依存症になるきっかけは様々ですが、精神心的ストレスが原因になっていることが多いようです。過度なストレスは、心身に悪影響を与えますので、ストレス発散にとお酒を飲みだすのですが、飲酒を続けているうちに、以前はビール1本でいい気分になれたのに、そのうち3本4本と必要になって...

≫続きを読む

アルコール依存症 否認とイネーブリングとは

アルコール依存症の否認とは 家族や奥さんは、アルコール依存症の夫などを心配し、「お酒をやめて、病院に行きましょう。」などと言いますが、本人はほとんど聞き入れません。このようにアルコール依存症の治療を妨げる要因に依存症本人の否認があります。いくら周りから治療を進めても『自分はアルコール依存症ではない』...

≫続きを読む

アルコール依存症の治療法

アルコール依存症の治療は、世話焼き行為をやめる事から 夫をアルコール依存症から抜け出させる為には、まず奥さんの世話焼き行為をやめる事から始める必要があります。そうすることで、夫のほうも、自分の責任を取らねばならなくなりますから、少しずつですが、行動が変わってくるはずです。世話焼き行動をやめるのと同時...

≫続きを読む

薬物依存症とは

 最近、脱法ハーブや大麻などの危険ドラッグ(違法・脱法ドラッグ)の薬物に手を出す若者や一般人が多くなっています。以前は、覚醒剤乱用者は、暴力団員というイメージがありましたが、それは昔の事です。 今は検挙者の半数近くが20代で、学生、アルバイター、サラリーマンやOLが大半を占めます。クスリを始める年齢...

≫続きを読む

薬物依存症の進行状況

薬物依存の進行は段階的ステージ1:遊び的使用期 薬物依存は段階的に進んでいきます。初回は遊び心や興味本位で始めることがほとんどです。きっかけは、すでに使用している非行仲間や知り合いから勧められて薬物を少し分けてもらいます。クスリで気分がよくなることはもちろんですが、若い時はタバコと同じでワルぶるのが...

≫続きを読む

薬物依存症の治療法

薬物依存症は中毒性精神病である 薬物依存症が恐ろしいのは、中毒性の精神病だからです。必ず幻覚や被害妄想に悩まされることになります。 クスリをやめさえすれば、幻覚や妄想はおさまりますが、自分の意志ではなかなかやめることはできません。早い話、早く警察ざたになって捕ったほうが、薬物依存の初期段階で少年院や...

≫続きを読む

買い物依存症・ギャンブル依存症

買い物依存・ギャンブル依存とは 薬物やアルコール以外の依存症では買い物依存症という病もあります。アルコール・薬物依存は、酒やクスリという物質に対する嗜癖(アディクション)ですが、買い物やギャンブル依存は、ショッピングや賭け事をするプロセス(過程)への嗜癖です。ちなみに、嗜癖(しへき)をアディクション...

≫続きを読む


ページトップへ戻る