潜在意識と顕在意識の働き

スポンサーリンク

人間の心には潜在意識顕在意識があります。

顕在意識とは、通常、人が自覚できる意識のことです。
潜在意識とは、ほとんど人が自覚できない意識のことです。

潜在意識と顕在意識とは インナーチャイルドやメンタルブロックも自覚できない領域になります。

これは現在の深層心理学では常識となっています。

この偉大な発見をしたのが、現在の精神分析学、深層心理学の基礎を築いた有名な心理学者・精神分析学者・精神科医のジークムント・フロイト(1856年生まれオーストリア人)や弟子の心理学者・精神科医のカール・グスタフ・ユング(1875年生まれスイス人)です。

フロイトは無意識(潜在意識)の存在の証拠として、後催眠暗示がその証拠であると考えました。

後催眠暗示は、被験者を催眠状態にして、ある指示などを与えます。

催眠状態では、被験者はその指示内容をよく理解していますが、催眠状態(トランス状態)から目覚めたときには、まったく指示内容を思い出すことなどできません。

にもかかわらず、なおも催眠状態で指示した通りの行動を行います。

被験者自身も、何も覚えていないにもかかわらず、なぜ自分がそのような行動をとるのか大変驚きます。

これは、まさに無意識(潜在意識)の領域が存在することの証拠となります。

更に、ユングは無意識(潜在意識)にも後催眠暗示で示されたような個人的無意識(潜在意識)と集合的無意識(潜在意識)が存在することを仮定しました。

集合的無意識(潜在意識)の領域の存在理由として、精神科医でもあったユングは、精神疾患者たちの治療にあたるなかで、患者たちが話すイメージになどに共通点が多くあることや、その内容は世界各地の神話・伝記とも一致することが非常に多いことを見つけました。

このことから人の無意識(潜在意識)の奥深くには、人類共通の歴史における蓄積された心の記憶が存在すると考えました。

人は、肉親が他界する前に夢などで「虫の知らせ」を感じたりすることがありますが、これもその一つの証拠です。

以上のことから人間の心の領域には、
@顕在意識、
A個人的潜在意識、
B集合的潜在意識
の3つの領域が存在します。

そしてこの潜在意識は、私たちが日々心で感じた思いが、良いことであれ悪いことであれ全て無意識のうちに蓄積記憶され続けているということです。

アメリカで初めて心理学の実験所を設立し、アメリカ史上初の心理学教授となったウィリアム・ジェームスは「過去100年間でもっとも偉大な発見は潜在意識の力に気付いたことである。」と言っています。

これは大変重要なことです。

顕在意識で信じていなくても、潜在意識に蓄積し植え付けられた信念や考えやイメージが人の行動の全てに影響を及ぼします。

これは誰にでも当てはまることなのです。

では、潜在意識をどうやってプラスに活用したらよいのでしょうか。
願望達成法では、その方法を探っていきます。


スポンサーリンク

潜在意識と顕在意識の働き関連ページ

ストレスとは?
ストレス、アドレナリン、ノルアドレナリンとは何か?ストレスの発症メカニズムと発散法や治療法などについて情報提供しています。
自律神経の働き
自律神経の働き方や自律神経が狂うメカニズム、心と身体に及ぼす影響について情報提供しています。
インナーチャイルド
インナーチャイルドとは何か?その発生原因と心と身体に及ぼす悪影響とはなにか、癒し方や治療法などの情報を提供しています。
メンタルブロック(固定観念)
メンタルブロック(固定観念)とは何か?その発生原因と心と身体に及ぼす悪影響とはなにか、癒し方や治療法などの情報を提供しています。

ページトップへ戻る