統合失調症(精神分裂病)

スポンサーリンク

統合失調症は、以前は 精神分裂病と呼ばれていましたが2002年より病名が変わりました。

理由は精神分裂病という言葉に差別的な感情を持つ人が多く、病気で苦しんでいる人々の社会復帰などの障害にもなり得るとの配慮もあったからだと思います。

統合失調症(精神分裂病)とは また統合失調症は特別な病気ではなく、統計的にも約1%強の人が一生の間に一度は発症しています。
ですからインターネットの検索数も非常に多いです。

統合失調症の主な症状としては陽性症状と陰性症状に分かれます。

陽性症状とは、事実ではないことを思い込んだり信じ込んだりする妄想や実際には現実に何も起こっていないことを体験する幻覚などがあります。

幻覚には幻視と幻聴があり、 幻視とはありえないものが見えることです。幻聴とはありえない声が聞こえることです。

妄想では、「マフィアに監視されている」などとかってに思い込んで周囲に対して敵対心や不安感をもったり、幻聴では「お前はバカだ死ね」などの自分の悪口やののしる声が聞こえたり、いろいろと訳のわからない命令をする声が聞こえたりしてどうしたらいいのかわからなくなり興奮したり黙り込んだり不可解な行動をとったりします。

頭の中も混乱しますので意味不明の会話になります。
陰性症状とは、今まであった気力や意欲が低下し周囲への関心がなくなってきます。

感情表現がすごく乏しくなったり会話や対人関係もおっくうになり引きこもりや自分の殻に閉じこもったりします。

統合失調症の原因は、脳の神経伝達物質であるドーパミンがアンバランス状態にあり、知覚・思考がゆがめられて、現状の認識能力や外からの情報の解釈・選択能力の機能が妨げられて正常な考え方や行動ができなくなる障害です。

しかし、なぜ正常であった人がそのような脳の神経伝達物質のバランスが異常に崩れるようなことがおこるのかは、はっきりとはわかっていません。

この原因については、スピリチュアリズムでは、ある見解が出されていますが、 ここでは言及しません。

肉体的な原因だけではないようです。
機会があれば今後予定の姉妹サイトにて詳述したいと思います。

統合失調症の病気の症状には時期があります。
@前駆期A急性期B休息期(消耗期)C安定期(回復期)という順番で進んでいきます。

@前駆期では、脳や神経の働きが過敏になり、いわゆる過覚醒の状態で周囲の音や声が非常に気になったり、落ち着きがなくなりイライラして急に怒り出したりします。
神経が過敏になっていますから不眠に襲われ頭痛・食欲不振になったりもします。通常1〜2週間ほど続きます。

A急性期に入ると先ほど説明した妄想・幻覚の症状があらわれ、強い恐怖感・不安感に襲われます。

異常な言動がめだち周囲からはあきらかにおかしくなったと思われます。

早く病院で治療を受ける必要があり、抗精神病薬は陽性症状の妄想や幻覚を抑えるのに大変有効な薬です。

最近では陰性症状にも効く薬も処方されていますので、この症状はおよそ数ヶ月でおさまります。

B休息期(消耗期)になると、急性期で異常に体力気力を消耗し心身とも疲れきっていますので、体はだるく緩慢になり睡眠時間が長くなります。

しかし、急性期のような症状は軽減し、人とのコミュニケーションができるようになってきます。
この時期は、あせらずゆっくりと休息することが大切です。

C安定期(回復期)になると、日常生活もできるようになり感情や人とのコミュニケーションも少しずつできるようになってきます。

また周囲への関心や好奇心もだんだんと取り戻すことができるようになってきます。

但し、完全に回復したわけではないので、症状が治まったからといって、すぐに中断するとまた再発する可能性が非常に高いため薬物治療を続けていく必要はあります。

統合失調症は、30歳頃までに発症する人が非常に多く、慢性病なのですが、晩期寛解(ばんきかんかい)で晩年になると軽快し、50代では、妄想幻覚などの症状はほとんど発症せず、60代頃以上になるとほとんどの人が再発せず日常生活を送れるようになるようです。

もし統合失調症の病状があれば、家族だけで悩みをかかえこまず、精神保健福祉センター、保健所、病院などに迷わずに相談することをお勤めします。


スポンサーリンク

ページトップへ戻る